JCAR活動
北極環境研究コンソーシアムは次の6つの活動を柱にすえて活動を行っていきます。これらの活動は独自に推進していくのではなく、様々な研究領域をもつメンバーの集まりという特長を最大限に生かし、相互に連携を図りながら推進していくことによって、効果的な活動へとつなげていきます。
長期計画・研究体制検討
  
目的5年〜20年程度の北極環境研究の課題およびそれを実施するための方策に関する検討を行い、関係機関へ提言を行う。
データ・アーカイブ検討
  
目的国内における北極環境に関するデータアーカイブの体制の現状を確認し、長期的構想を作成するとともに、特に「北極気候変動プロジェクト」で実施すべき事項を明確化し提言を行う。
研究交流
  
目的北極環境変動にかかわる複数の専門分野の研究者が、北極という共通のキーワードの下に集結し、密な研究交流により相互理解を深めることで、国際的な枠組みの中での、総合的・学際的な北極環境研究の推進を支援する。
国際・国内連携推進
  
目的北極環境研究に関する国際的動勢(機関、委員会、プロジェクト)を収集、確保、流通させ、日本の北極環境研究の推進を図る方策を検討し提言を行う。
人材育成
  
目的北極環境研究に関する人材育成の実態を把握し、人材育成活動を推進していく方策の検討を行った上で、その方策を推進する。
広報・普及
  
目的北極環境研究に関わる様々な人々に対して、ホームページ、出版物、講演会等を通じて日本の北極環境研究を紹介・報告し、理解の涵養・増進を図る。